新法によるメリット

18年08月14日

安定した収入地主や賃貸人にとって新法になったことでのメリットがあります。地主は安定した収入を得られるのが大きいです。旧法の場合に比べると立場が強くなったのも大きいです。さらに、固定資産税の負担が少なくなり、相続税の対策にもなります。賃貸人のメリットは更新の手間がかからないことです。更新料や各種許諾料が不要となる契約であるのが理由となります。ほかには土地を購入するにあたってのリスクを軽減できて、設備投資にお金を回せるのも大きいです。

旧法では賃貸人が半永久的に土地を借りられることが大きかったものの、訴訟リスクも多かったのが事実です。訴訟を起こしたいとは思わなかったものの、訴訟を起こされることになったのは時間と手間がかかります。新法の場合は期間が定められているため、更新時におけるトラブルも少なくなります。有利不利で考えると賃貸人にとって新法は不利になるかもしれません。ただ、安全に借りられるという点においては大きなメリットがあるのは間違いありません。

地主は賃貸人に安心して土地を提供し、賃貸人は安心してその提供を受けられる関係になります。新法になったことで買い取った建物をそのまま運用し、運用益を得ることにも期待ができます。